個人出版の情報を交換するための2ちゃんねるっぽい掲示板 354940

 この掲示板にはアクセス禁止・NGワード機能があります 
【スレッド一覧】 ▶投稿が多い順 ▶新着順 ▶最新レス10件
【関連リンク】 セルパブ掲示板PART2


隙間社

1:ゆきな :

2016/05/20 (Fri) 07:15:32

語ろうず
2:名無しさん :

2016/05/20 (Fri) 08:03:03

怪しい……(懐かしい……)
3:ブッダ :

2016/05/21 (Sat) 14:54:35

隙間者はあやしいわーるどが魅力的だろ
弍杏わーるどより伊藤わーるどの方が落ち着いていて好きだな
でも弍杏の方がキャッチーなのは分かる
4:隙間社◆URwUxHNpB. :

2016/06/07 (Tue) 07:00:39

小説のweb連載って実際のところどうなんでしょう。
自分が読者だったら、よほど、好みの作品でない限り
継続して読まない気もするんですよね。
5:ブッダ :

2016/06/07 (Tue) 07:34:24

もしかしてほとんど読まれていない?
6:隙間社◆URwUxHNpB. :

2016/06/07 (Tue) 07:46:23

ブッダさんありがとうございます。

noteの連載は読まれていない訳ではないのですが、
自分が読者の立場だったら追うのが面倒だけど、
自分以外はどんな感じなのかなあと思って聞いてみました。

ビュー数も気にはなるのですが、どちらかというと
「こんなことしてるよ!」と周りに宣伝するのと
書いてる側のモチベーションを維持する意味合いが強いのです。

あとは単純にヘリべさんや王木さんの連載を見て、
やってみたくなっただけとあうのもありますが。

7:名無しさん :

2016/06/11 (Sat) 14:24:41

『少女幻想譚』伊藤なむあひ | セルパブGang!!
http://selpubgang.org/shoujo_gensou_tan/
8:名無しさん :

2016/06/13 (Mon) 22:35:47

おそらくは美しいなにか『少年幻想譚』: 赤井五郎の寝言日記
http://red56.sblo.jp/article/175684652.html
9:ブッダ :

2016/09/08 (Thu) 15:13:59

なむあひさんにもう少し丁寧な字を書いてと言っておいて
10:隙間社 :

2016/09/08 (Thu) 18:47:13

久し振りに覗いたら…

7さん、8さん、書き込みありがとうございます!

ブッダさん、確かに伝えておきますね…!

11:ブッダ :

2016/09/08 (Thu) 20:39:47

>>10
サンクス
どちらかというと文字を大きくしてほしいのよ
1日目とかもうちょっとデカく行間があったような気がする
最近なんか文字詰まってない?
 
ってヌネノ川さんか。こんなところにも降臨するんですね
伊藤さんにはいつもメタルギア読書しているとも伝えておいてください
12:隙間社 :

2016/09/08 (Thu) 21:30:18

ブッダさん

確かに…(小説内の)1日がノート40枚分と決めてるので
話の流れがゆったりとしていた1日目に比べて、5日目とかになると
ちょっと文字を詰め込もうとしてしまっているのかもしれませんね。

ここはなんとなく居心地が良いんですよね。
ん?メタルギア読書とはなんでしょうか??
13:ブッダ :

2016/09/08 (Thu) 21:58:53

あっ、一日40枚。そういう事情があったのか
やっぱり気のせいじゃなかったんだ
原稿用紙300枚ぐらいか。私の知る限り隙間社初の長編小説では?

初めての長編はかなりキツイ。途中で心が折れそうになる。
でもまあ私の経験上100枚を3回書けたら300枚書ける力量はあるだから伊藤さんもきっと書けるよ。
最初の予定より遅くなるかもしれないけれど、最後まで書ききれないということはないと思う。

メタルギア読書とは作者に気付かれないように作品を読むステルス読書のことです
ここで明言。

読者はそこにいるここにいると指さすことはできない。
声を上げることなくただ言葉にじっと耳を傾けている。
作者に読者は見えなくても読者は作者を見ているのだ。
            ネコ=ノラ(1999〜2003)

(ΦωΦ)テストニデルニャ
14:隙間社 :

2016/09/09 (Fri) 11:05:58

ブッダさん

そうなんですよ、100枚どころかこれまでちゃんと書いた最長でも50枚くらいだったはずです。
いきなり300枚はかなり無茶かとは思うのですが、たまたま今回のアイデアが出てきたので
荒療治的に書いてもらおうかと。
ずっと同じペースで書いているのでしんどさはあまりないようですが、
中盤を過ぎてそろそろノリだけでは書けなくなってきたので最近はちょっと苦戦しているみたいです。

ブッダさんやっぱり書く人なんですね。読んでみたいです。
気が向いたらブログへのコメントやメールででもそっと教えて下さい。

メタルギア、やったことないですけど、スネークってやつですかね。
ほんと、読んでくれる人がいるというのはありがたいことです。
KENPを見てもいまだに、誰が読んでくれているのだろうと不思議ですよ。
(ネコ=ノラが4年しか生きられなかったのが気になる…)
15:ブッダ :

2016/09/10 (Sat) 07:50:44

今日の更新読んだよ。やっぱり読みやすくなっていた。すばらしいね
16:隙間社 :

2016/09/10 (Sat) 13:55:44

ブッダさん

ありがとうございます!またジワジワと汚くならないようよく言っておきますね。
17:ブッダ :

2016/09/30 (Fri) 13:45:25

『かれらの』の今更新されているところでバクが出ているんだけど
ああ、とうとうそういう世界に入ったんだなと思っていたけど
ふと調べてみたら本当にバク(中国幻想譚に出てくるものとは別)が実在していると知って驚いているところなんだけど
18:隙間社 :

2016/10/01 (Sat) 13:48:11

ブッダさん

普通に動物園にいるやつを書いたようですね。
バクと獏、まったく関係ない生き物という説と
獏とはバクが元になっているという説があって
こういう、存在が曖昧な生き物というのは面白いです。
19:ブッダ :

2016/10/01 (Sat) 22:59:22

オルタナの表紙見たよ
あれヤバイね
毎月出す感じ?
20:隙間社 :

2016/10/02 (Sun) 07:15:05

ブッダさん

ありがとうございます!
表紙は私がイメージだけ伝えてあとは山田佳江さんがほとんどデザインしたものです。
さすがに毎月は無理ですが季刊目標で続けていけたらなと思います。
21:ブッダ :

2016/10/02 (Sun) 14:21:34

ああ〜、やっぱり月刊は無理か。
逆に群雛とかはどうやって月一で回していたのか気になる
もし群雛規模で月刊を回すとしたら年にどれぐらいあればできるだろうか

22:隙間社 :

2016/10/02 (Sun) 14:46:56

ブッダさん

あまり詳しく知るわけではないのですが、群雛はかっちり雛形を作り込んでいたから月刊が可能だったのではないでしょうか。
あとはなにより原稿を独立作家同盟のメンバーによる先着順の応募にしたことでしょうね。固定メンバーで月刊は無理です。
それにしたって校正を含めてあのペースで休むことなく続けていたことは本当に凄い。
オルタナは私が主導で作っているのではないですが、雑誌作りに関わって、改めて群雛の月刊が
どれだけ凄いかが分かりました。

群雛規模というのは人数のことでしょうか。本のボリュームでしょうか。
年にどれくらい、というのはええと?
23:名無しさん :

2016/10/04 (Tue) 14:50:13

2016-10-03に自動取得したKDP新刊

5タイトル

▼1000年先の地球のために:「滅びの道」から「永久の道」へ <池田整治,宗庵>
https://www.amazon.co.jp/dp/B01LX35I1C/
▼シンプルな生活がなぜか長続きしないと感じている人へ <Coconut>
https://www.amazon.co.jp/dp/B01LZD399Q/
▼透き通るミニ。 透けてる瞬間 <宿借り源八郎>
https://www.amazon.co.jp/dp/B01LXQJS8X/
▼叙情派ひとつ2011 叙情派ひとつコミック <なかせよしみ,しょうじひでまさ,摘草春菜,関口拓志,ひすいろうかん,秋元なおと>
https://www.amazon.co.jp/dp/B01LZOPMCD/
▼Paper Company Project #1 <松山隆行>
https://www.amazon.co.jp/dp/B01M0C6Y5J/

【参照元】http://twilog.org/amaebooknew/date-161003/
24:ブッダ :

2016/10/04 (Tue) 19:22:16

だいたい原稿用紙200枚分の構成で、お金はどれくらい必要かということ
構成員についてはオルタナも群雛もよく分からない
編集は10人・・・・多すぎるか? そもそも編集って何するのか分からない
作家は月刊で回すなら30人は抱えたいだろう
20人だと毎月誰かが書かなきゃならないから
25:隙間社 :

2016/10/04 (Tue) 20:30:04

オルタナについては外部の人間を雇っているわけではないですからね、
固定メンバー5〜6人くらいで自分たちで編集しています。
それぞれの得意分野(表紙デザインや組版等)で本を作り
校正もグループ校正のような形でやっています。
この辺りのことはいつかメンバーがブログに書くのではないでしょうか。

群雛のことは詳しく知りませんが、鷹野さんを中心に数人…10人はいないのかな。半分くらいですかね。
独立作家同盟はそれこそ会員が3ケタ(もしかしたら4ケタ?)いるでしょうから作品には困らなかったでしょうね。

現実に200枚で月刊をやるなら…どうなんでしょう。
作家を集めるよりも公募にするのが手っ取り早いかもしれませんね。
その場合質は維持できないかもしれませんが。
群雛も月刊を続けられたのは『先着順』にしたのが大きかったのだと思います。
何を優先するかですね、たぶん。
26:隙間社 :

2016/10/04 (Tue) 20:32:34

あ、それこそ独立作家同盟でもありオルタナメンバーでもある波野發作さんが詳しいかと。
27:ブッダ :

2016/10/20 (Thu) 15:21:56

ワニ子と猫がお互いに見えていないのは面白いアイデアだね
28:隙間社 :

2016/10/23 (Sun) 20:39:36

ブッダさん

あれ、ワニ子に見えていないのは一部の動物であって猫はみえているはずなんですよ。
書き方がまずかったかも。
清書ときに大幅に変えるつもりではあるのですが、ちょっと問題ですね。

29:ブッダ :

2016/10/24 (Mon) 00:41:49

ほに? それじゃあ読み間違えていたのか。ごめんよ
30:隙間社 :

2016/10/31 (Mon) 15:15:17

ブッダさん

いえいえ、なむあひさんも混乱しながら書いていたみたいですし。
かれらの、今日で6日目が終わりますがあと1日分でこの小説が終わる気がしません…
31:ブッダ :

2016/11/01 (Tue) 08:54:43

最後には隕石かUFO、あるいは夢オチENDという裏ワザがあります。
でもまさかそんなことするわけないよな〜、そんなありがちなことするわけないよな〜(´ε` )
32:隙間社 :

2016/11/07 (Mon) 16:36:32

あっ、逃げ道が…
33:通りすがりの隙間社さん :

2018/01/01 (Mon) 14:39:36

今年もよろしくお願いします。
2018は新しい企画を始める予定ですよ。
34:名無しさん :

2018/01/01 (Mon) 21:29:47

よろしくね!
35:通りすがりの隙間社さん :

2018/01/10 (Wed) 19:21:46

34さん
ありがとうございます!今年も面白そうなことだけやっていきますね!

  • 名前: E-mail(省略可):

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.