個人出版の情報を交換するための2ちゃんねるっぽい掲示板 395761

 この掲示板にはアクセス禁止・NGワード機能があります 
【スレッド一覧】 ▶投稿が多い順 ▶新着順 ▶最新レス10件
【関連リンク】 セルパブ掲示板PART2


商業小説家VSセルパブ作家のマウンティング合戦が勃発したらしい

1:名無しさん :

2018/02/06 (Tue) 21:20:56

津原泰水(@tsuharayasumi)さん | Twitter
https://goo.gl/Eb86sA
2:名無しさん :

2018/02/06 (Tue) 21:21:58

Twitterの生URLだと、「禁止ワードなので投稿できない」と出る。
だから、やむなく短縮URLにした。
3:名無しさん :

2018/02/06 (Tue) 21:24:52

津原泰水(@tsuharayasumi)さん | Twitter
https://goo.gl/Eb86sA

2018年2月6日のツイートから引用

「電子書籍化に積極的ではない、もしくは拒否している小説家が少なくないのは、
お話にならないほど儲からないからだよ。
俺なんかだと、わりと新しめの文庫で、1作につき半年で30ダウンロードくらいしかない。
印税率25%で3〜4,000円が振り込まれて、「……はい?」みたいな感じ。
これ拡散していいから。」

「固定客の付いているプロの小説作品が、電子書籍では意外とこうですって話に、
自費出版の人が絡んでこないように。
悪いが君等は話題になっていない。」

「電書ちゃんねる管理人だってさ。不都合なこと証言して悪かったね。」
4:名無しさん :

2018/02/06 (Tue) 21:27:53

津原泰水がKDPなどで個人出版すれば、
KindleUnlimitedや有料販売で月5万円は固いと思うけれど。
いかに出版社が電子書籍の販促をサボっているかがわかる。
5:名無しさん :

2018/02/06 (Tue) 22:15:23

それはそうだけどよ。サボってくれてるからセルパブが相対的に浮上して一般読者に少しは届いている現状があるわけなんだから。
相手の物言いは偉そうかもしれんけど、ほっとけよ。
6:名無しさん :

2018/02/06 (Tue) 22:24:57

私の知り合いの作家は、出版社から理不尽に後編の出版を凍結された作品を、
完全版として電子書籍化して、
見事に「転生」させている。
またそれが売れているんだな。

大東亜忍法帖【完全版】 Kindle版
7:名無しさん :

2018/02/06 (Tue) 22:56:12

アドレナライズ社は、電子化する絶版作品のチョイスが良いと思う。
編集者(経営者?)が、よっぽど交渉上手なのか、人徳があるのか。
誰のセンスか知らないが、とにかくセンスが良い。
8:名無しさん :

2018/02/06 (Tue) 23:01:38

おれの知ってる漫画家は、電子化がいかに意味の無いことかを編集者に吹き込まれてそれを堂々と語ってたな
結局この人も自分の担当や出版社に嘘つかれてるだけだろ
9:名無しさん :

2018/02/06 (Tue) 23:05:58

週間漫画timesの長寿漫画「解体屋ゲン」が、
今まで単行本化されていなかった4巻以降を電子書籍化で爆発的に売れているしな。
10:名無しさん :

2018/02/07 (Wed) 19:38:12

『天空城殺人事件』は書籍化と出版社からの電子書籍化でこれまでのプライムリーディングやアンリミ、低価格路線からは引き上げらしい。
これがどう出るのか注目だな。
11:名無しさん :

2018/02/07 (Wed) 22:30:22

この作家全力で喧嘩売ってるけど、喧嘩を売っている相手も読者になる可能性があるとはみじんも考えてないんだろうな。
バカだw

  • 名前: E-mail(省略可):

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.